麻生健康保険組合

病気・怪我

病気やケガをしたとき

被保険者や被扶養者が病気やケガをしたときは、医療費の3割を負担(小学校就学前は2割、高齢者は1割または3割)すれば保険給付を受けることが出来ます。
また基本的には事故では健康保険は使えませんが一時的に保険証で受診することも可能です。必ず麻生健康保険組合に届け出てください。

病気やケガをした

医療費の自己負担額

 通常の病気やケガの場合は、医療費の3割(小学校就学前は2割、高齢者は1割または3割)を自己負担することで診療を受けることが出来ます。残りの7割(小学校就学前は8割、高齢者は9割または7割)は健康保険組合が負担しています。

 医療費が高額になった場合は、被保険者の負担を軽減する為の「高額療養費支給制度」や、麻生健康保険組合独自の「付加金制度」もあります。

→高額療養費の支給について

健康保険で医療費が負担されないケース

 健康保険で受診できる病気やケガは、医師が治療の必要を認めたものに限られます。以下のような場合には、健康保険では受診できません。

ケガの治療をした

ケガの治療で保険証を使用した場合は、健康保険組合に届出が必要です。

申請方法
Do it 申請方法と用紙ダウンロード 申請書類 申請書ダウンロード 負傷原因調査票
提出先 事業所担当者
提出期限 すみやかに

※交通事故や暴力行為など第三者の加害行為によるケガの場合はこちらをご覧下さい。

特定療養費

 保険給付を超える先端医療や個室入院などの特別サービスは、該当する費用を自己負担することで受けられます。この場合、医療を支える基本部分(診察、検査、投薬、入院など)については、先端医療や特別サービスを使うかどうかに関わりなく必要なものですので、保険が適用されます。保険の適用分は、一般の保険診療と同じように自己負担一般は3割(3歳未満は2割、高齢者は1割または3割)を窓口で支払えばよく、残額は健康保険組合が負担します。
  この健康保険が適用される分を特定療養費といい、通常の受診と同じように、医療機関の窓口に保険証を提出して受診します。

高度先進医療

 「高度先進医療制度」とは、現在の医療保険の給付対象として正式に認められてはいない先端医療のうち、多くの研究でその安全性や有効性が確認されて保険承認の一歩手前にある医療について、費用の一部を医療保険から支給して、患者の負担を減らして提供しようとする制度です。

特別なサービス

 患者本人の希望で、下記のようなサービス(保険医療機関等で患者の選択によることが適当と厚生労働大臣が定める療養)を利用する場合、その差額を自己負担しなければなりません。それ以外の医療費は健康保険から給付されます。

下記についても、特定療養費の枠組みのなかで、保険診療との併用が解禁されることになりました。

国内未承認の薬剤使用
国内で未承認でも海外で承認されている抗がん剤など→平成17年3月
制限回数を超える医療行為
2回目以降の腫瘍マーカー検査や3回目以降のピロリ菌の除菌など→平成17年夏
必ずしも高度でない先進技術
乳がん手術に伴う乳房の再建など→平成17年夏

特定疾病高額療養費

 長期高額の特定疾病(人工透析を必要とする慢性腎不全や血友病等)の場合は「特定疾病療養受療証交付申請書」を健康保険組合に提出して「健康保険特定疾病療養受療証」の交付を受け、保険証と共に病院・医院に提出すると、自己負担限度額が1ヶ月10,000円(一定所得者は20,000円)となります。

申請方法
Do it 申請方法と用紙ダウンロード 申請書類 申請書ダウンロード 特定疾病療養受療証交付申請書
記入例ダウンロード 記入例
提出先 事業所担当者
提出期限 すみやかに
Copyright(C) 2005 Aso Insurance Society. All rights reserved.