麻生健康保険組合

出産

子供が産まれるとき

被保険者が出産したとき、または被扶養者家族が出産したときは、健康保険組合から出産に関する給付があります。

本人が出産するとき

被保険者が出産するときは、出産育児一時金出産手当金が支給されます。

出産育児一時金

在職中の被保険者が出産する場合、1子につき420,000円(双子の場合は840,000円)が支給されます。(産科医療補償制度加入分娩機関のとき)
※退職後の出産で一時金が支払われる条件
麻生健康保険組合の被保険者期間が継続して1年以上、かつ退職後6ヶ月以内に出産した場合

※平成21年1月より “産科医療補償制度”がスタートしました。
http://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/

直接支払制度(平成21年10月1日以降)

 出産育児一時金の額を上限として、健保組合から支払機関を通じて病院等へ出産費用を支払う直接支払制度が始まります。今まで正常分娩の場合、窓口で分娩費用を支払い後日健保組合へ出産育児一時金を請求でしたが、直接支払制度により、窓口での支払いが出産育児一時金を超えた金額だけですむようになります。
 ただし、平成22年3月31日までの出産は、一部の医療機関において直接支払制度を導入していない場合があります。直接支払制度を導入していない病院で出産する場合は、従来通り窓口で出産費用を全額支払い、後日健康保険組合に請求することになります。
 なお、直接支払制度を利用せず、従来同様、被保険者が健保組合に支給申請することもできます。
直接支払制度を利用した場合は、健保への申請は必要ありません。
 ただし、病院等への支払額が出産育児一時金より少なかった場合は、差額が支給されます。「出産育児一時金内払金(差額支給)請求書」に必要書類を添付して提出してください。


申請方法 : 直接支払制度を利用した場合     
(出産育児一時金の範囲内で費用が収まったとき)
Do it 申請方法と用紙ダウンロード 申請書類 申請書ダウンロード 出産育児一時金内払金(差額支給)請求書
添付書類 領収明細書コピー、合意書コピー
提出先 在職時の出産の場合 事業所担当者
退職後の出産の場合 麻生健康保険組合
提出期限 2年以内

申請方法 : 直接支払制度を利用しなかった場合
Do it 申請方法と用紙ダウンロード 申請書類 申請書ダウンロード 被保険者家族 出産育児一時金請求書
記入例ダウンロード 記入例
添付書類 領収明細書コピー、合意書コピー
提出先 在職時の出産の場合 事業所担当者
退職後の出産の場合 麻生健康保険組合
提出期限 2年以内

出産手当金

 出産のために仕事を休み、その期間賃金が受けられないときに支給されます。支給期間は、出産日以前42日(双子以上は98日)、出産日後56日の合計98日間です。
 支給金額について→詳しくはこちらから

出産手当金の期間

《 出産手当金と傷病手当金の調整 》

平成28年4月から、傷病手当金の額が出産手当金の額よりも多ければ、その差額を支給することとなります。

 

申請方法
Do it 申請方法と用紙ダウンロード 申請書類 申請書ダウンロード 出産手当金請求書
記入例ダウンロード 記入例
提出先 事業所担当者
提出期限 2年以内

産まれた子供を被扶養者にしたいとき

産まれてきた子供も、被扶養者として給付を受けることが出来ます。

産まれた子供を扶養に入れる条件
条件
・ 父母の内、収入が多い方が扶養(収入を確認させていただくことがあります)
申請方法
Do it 申請方法と用紙ダウンロード 申請書類 申請書ダウンロード 健康保険被扶養者異動届
記入例ダウンロード 記入例
提出先 事業所担当者
提出期限 5日以内

出産の為に休業したいとき

産前産後休業期間中の社会保険料が免除されます。
現在、産前産後の休業中においては保険料負担がありますが、育児休業中と同様に平成26年4月1日より産前産後の休業期間中(産前6週間、産後8週間)における事業主と被保険者の保険料が免除されることになりました。

産前産後休業期間中の社会保険料免除について

→産前産後の保険料免除について

育児のために休業したいとき

健康保険には、育児期間中の社会保険料を免除する制度が用意されています。
→育児休業について

Copyright(C) 2005 Aso Insurance Society. All rights reserved.