医療情報ソリューション

医療情報ソリューション一覧

私たちは人々が安心して生活できるための基盤となる健康づくり、健康を取り戻すための医療の質の向上と患者さんを主体としたサービスの向上、それらを支える医療機関の経営向上に貢献し、日本のヘルスケアを変革していく情報サービスプロバイダーでありたいと願っています。

重症度、医療・看護必要度分析システム

重症度、医療・看護必要度のデータを多角的に分析することで、適切な看護要員の配置と医療・看護の質の向上を実現できます。

経営管理システム(KEY GRIP)

病院内に蓄積された重要なデータを集約し、病院経営と医療の質向上の為に役立つデータへと進化させ、病院経営の諸問題を明らかにし、その理想とする将来像へと導くためのシステムです。

診療原価照会システム(Hospital-ACE)

診療内容の違いによるコストのバラつきをわかりやすく表現することで、健全経営継続のために診療部門が取り組むべき課題を明確にします。

物品管理システム

定数補充方式、不動在庫管理、部署間移動の徹底により院内のデッドストックを大幅に削減します。
医事請求漏れ防止や経営管理指標への活用も可能です。

健診支援システム

事前準備業務からフォロー業務まで、健診部門の全ての業務を幅広くサポートします。現場スタッフの声を取り入れ更に改善工夫し作り上げたシステムです。

オーダリングシステム(ドクター支援)

必要なオーダー機能だけを選んで導入する事ができ、業務にあわせたカスタマイズに対応致します。医療現場のスタッフの声を取り入れ、診療における効率化と質の向上を実現しました。

漢方処方オーダリングシステム

漢方処方に特化した処方オーダリングシステムです。オーダリングシステムのノウハウを活かしつつ生薬の変更により患者さんに合わせた漢方薬の処方が可能です。

受付予約表示システム

院内各部門の進捗状況をタイムリーに把握し、院内外来の大幅な効率アップを図ります。表示機能を利用し患者さんへ的確な誘導を行うことにより、患者サービス向上が可能なシステムです。

診療録管理システム

診療情報管理室での退院サマリのエントリーとカルテのアリバイ管理等を行うシステムです。診療情報管理室業務の効率化と蓄積された情報の共有化と有効利用を実現します。

医療ITコンサルティング

私たちは、全体最適を念頭に置きながら、現場目線でプロジェクトの推進を行います。お客様の課題やニーズを確りと把握し、弊社のこれまでの経験から、的確な業務改善提案と、お客様に最もマッチする医療情報システムの調達・構築を支援します。

医療ITコンサルティング

病院情報システムの導入支援を行います。
(基本計画書や調達仕様書の作成支援、業者選定支援、構築導入支援)

病院情報システム調達支援

お客様のご要望、ご事情等(期間、費用など)を踏まえ、
最適なシステムの調達が出来るように、業務計画を提案致します。

病院情報システム構築支援

システムの構築は、専門的知見、事例や経験等を踏まえた管理、監督が必要です。弊社はお客様の立場に立ってシステムの構築を支援致します。

病院情報システム導入評価支援

病院情報システムは、導入・更新で終わりではなく、ブラッシュアップしてより効果的なモノにしなければなりません。弊社は、評価を行い、運用を含めた課題対応を提案致します。

導入事例

飯塚病院様に導入した電子カルテシステムなど、導入事例をご紹介します。

電子カルテシステム

テキスト入力、定型文入力、ペン入力、シェーマ入力など、多彩な入力補助機能だけでなく、各種取り込み機能も備えた電子カルテシステムです。

患者誘導システム

患者さんの当日の受付処理と次回の予約入力(登録)を行うシステムです。次回診察日時や検査内容等を記した「お知らせ券」も発行できます。

オーダリングシステム(医診伝心)

処方、検査、入退院、食事、輸血の各オーダリングシステムがあります。

患者情報照会システム

診療データベースから患者さんの診療情報を検索し参照することができるシステムです。

その他

その他システムのご紹介です。

お客様の声

医療情報ソリューションにおけるお客様の声をご紹介します。

北九州市立医療センター様

平成27年10月から総合医療情報システムの更新を総合的に支援し、平成28年12月に新システムの運用が開始されました。

  • システム調達支援
平成27年10月~平成28年03月
  • 業者選定支援
平成28年04月~平成28年06月
  • システム構築支援
平成28年06月~平成29年03月 ※稼働後支援含む
<お客様プロフィール>
 北九州市立医療センター
所在地:  福岡県北九州市小倉北区馬借二丁目1番1号
病床数:  636床(一般:620床,感染症:16床)
診療科目:  総合診療科、内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、糖尿病内科、心療内科、精神科、緩和ケア内科、小児科、
小児外科、外科、心臓血管外科、脳神経外科、整形外科、呼吸器外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、
耳鼻いんこう科、放射線科、麻酔科、歯科、病理診断科、腫瘍内科
<システム概要>
システム概要

 システムの初期導入(前回)時の反省から、当初、システム構築にコンサル業者を入れることに懐疑的な意見もありましたが、業務が進んで行くとすぐに必要不可欠な存在となりました。おそらくコンサルタントがいなかったら上手くまとめることができなかったと思います。自院にはシステム専門の管理部署が無く、システム全体を見渡すことができていませんでしたが、システムに関連する情報を精緻に整理してもらったことで、必要な検討課題や調整事項が明確になり協議を効率的に進めることができました。また、我々の判断を要する場面では、事前にベンダと情報整理を行い、他院事例や注意すべきポイントを解説してくれるなど、システムのことがよくわかっていない部会メンバーを上手く支援してくれました。単に論理的なだけでなく、実際の病院情報システムの構築/導入の経験に基づく意見は、何よりも心強かったです。

北九州市立医療センター様

CIO(情報最高責任者)
内科医 副院長(専門分野:血液疾患)

大野 裕樹(おおの ゆうじゅ)氏

 システム更新について検討を開始した当初は、予算と見込み費用との差が大きくて心配しましたが、コンサルタントが様々な角度から提案し、調達範囲や機能要件を調整して上手くまとめてくれました。システムのことがよくわかっていない部会メンバーにとって大変心強い存在でした。合意形成を図りながら進めてくれたおかげで、大きな不満の声も聞こえてきません。また、システム構築では様々な問題が挙がりましたが、ベンダからの専門的な説明にも、コンサルタントが病院の立場でリスクや影響範囲、実現イメージ、効果などについて確認してくれたおかげで判断に困ることはありませんでした。システムに関して、病院職員では「わからないこと」、「気づかないこと」、「予測できないこと」が沢山あります。システムが診療におけるツールとして確立している今、システム整備には専門的知見と豊富な経験を有するコンサルタントは欠かせません。

北九州市立医療センター様

情報システム専門部会長
内科医 部長(専門分野:血液疾患)

杉尾 康浩(すぎお やすひろ)氏
pagetop

サービス・製品に関するお問い合わせ

各製品に関するご相談・ご不明な点がございましたらどんな小さなことでも気軽にご相談ください。

医療情報ソリューション 0948-26-3602
健康管理・救急/防災ソリューション 0948-26-5083
文教ソリューション 0948-26-5081

受付時間 9時~18時 (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

WEBでのお問い合わせ・資料請求はこちら